住まい優先か、土地優先か。
 「条件付き土地では、自分の希望する住宅会社に家を建ててもらうことは難しいのでしょうか?場所は気に入っているけれど、土地の販売先とは別の会社で家を建てたいんです」というご質問を、読者の方よりいただきました。
 家づくりに関心のある方なら、広告等で一度は見たことがあるであろう「条件付き土地」の文字。簡単に説明すると、土地を契約してから3ヵ月以内で、決められた業者による建物の契約をしないと土地の契約も白紙に戻る、というものです。
 予め土地を持っている方なら、自由に住宅会社を選べることができても、たいていの方は家づくりとセットで土地も同時に購入します。できることなら住むエリアも、暮らす家も、希望どおりに進めたい。土地と住まい、どちらもバランスがとれていたら、心配することはありませんが、「条件付き」で、どちらかが納得できないのなら、ちょっとやっかいなのかもしれません。「土地は魅力的なのに、住宅プランが好きになれない。でも条件付きだから…」と、別のハウスビルダーに相談にやってくるケースも多いようです。
 地元ハウスビルダーの中には、不動産業から発展させて家づくりを始めた企業もありますし、住宅会社が、お客さまの要望に合わせた土地を探すケースもあります。秋田流儀の4社も「条件付き土地」を販売しています。家づくりをメインとする彼らは、後者にあたります。家の周り、街並みの景観をよいものにするために、あえて条件付きにする場合もあるとのことです。
 妥協しない家づくりのために、注目して欲しいのは、建物の契約をする…。つまりハンコを押す前までの「3ヵ月」という期間です。この限られた期間で、企業はお客さまのために、いかに密度の濃い住まいの提案ができるのか。1~2回提案するのも、10回提案するのも、それぞれの企業しだいです。また、住宅のプランを決めてから、土地の契約をするというケースもあるようです。
 住まいを優先するか、土地を優先するか。いずれにしても、最終的な決断を下すのはお客さまであることをお忘れなく!
次回のタイトルは「家づくりのエンディングは、どこにある?」
皆さんの考える家づくりは、どのタイミングで完結するのでしょうか。どうぞお楽しみに。

秋田流儀のコラムは、毎週更新。担当ライターIが、
「家づくり初心者」の目線からプロの作り手たちに、
さまざまな質問やテーマを投げかけていきます。