決まりごとに縛られない、たったひとつの家を。
 家づくりは、それぞれのメリット・デメリットを見極めて、自分にあったパートナーを慎重に選ぶことからはじまります。ハウスメーカー、ハウスビルダー(工務店)、ローコストビルダー。家づくりを手がける住宅会社は、ざっくりこのように分けられます。(建築家による設計住宅はまたの機会で!)
 ハウスメーカーとハウスビルダーの違いがよくわからないので、ハウスビルダー集団である、秋田流儀のつくり手たちに尋ねてみました。すると、「ハウスメーカーは家を売る、ハウスビルダーは家を建てる」との答えがかえってきました。
 企業自体がある種のブランドとなっているハウスメーカーの家は、全国展開しているので、基本的には日本のどこでも変わらない品質が特徴です。だから、販売も、建材も、家づくりも、人の流れまできっちりと分業、システム化されています。家には商品名があり、既製のフォーマットがあります。設計、デザイン、設備などは、いわばセミオーダー。決められた選択肢の中から希望のタイプを選び、組み合わせることで家が完成します。
 一方、地域に根ざし、職人たちの手で家を〝建てる″ハウスビルダーは、知名度も、規模も、ハウスメーカーには到底及びません。このふたつの家づくりの手法は、正反対と言っても良いでしょう。しかし、だからこそ地元のハウスビルダーには「大企業がやりたいと思っていても、できない家を建てられる」「秋田の気候や風土を熟知した家づくりができる」という強みがあるようです。
 「秋田流儀」の家づくりには、決まった規格やマニュアルが存在しません。なぜなら、一棟一棟、お客さまに合わせた家を建てるからです。ハウスビルダーたちは、話をじっくりと聞き、人を見て、タイミングを見て、設計をすすめます。だから自由度が高く柔軟な気持ちで、オーダーメイドの家づくりを楽しめます。
 最近では、さまざまな人、もの、ことを通じて地方の魅力が再評価されています。家づくりにおいても、それは当てはまっているのではないでしょうか。全国では、地方を拠点にしながらも大都市に負けないぐらいに優れた品質、デザイン力、技術力を備えた地元ハウスビルダーが増えているようです。
コラム「秋田流儀」、次回のタイトルは「ハウスビルダーでいたい」。
事業の規模をひろげることなく、このままでいたいと語るメンバーたちの真意とは?
更新は毎週金曜日です。次回もお楽しみに!

秋田流儀のコラムは、毎週更新。担当ライターIが、
「家づくり初心者」の目線からプロの作り手たちに、
さまざまな質問やテーマを投げかけていきます。